マーケティング

生活者パラダイムの転換(5) ― 地方消滅をマーケティングで食い止められるか?

生活者パラダイムの転換(5) ― 地方消滅をマーケティングで食い止められるか?

昨年、「人口減少によって896の自治体が消滅する」という衝撃的な内容の論文が発表され、話題になりました。元総務大臣の増田寛也氏による、いわゆる「増田レポート」です。 自治体が消滅するというのは、一体どういうことなのでしょ ...

生活者パラダイムの転換(4) ― 二極化する日本の所得階層

生活者パラダイムの転換(4) ― 二極化する日本の所得階層

日本人の平均年間所得金額は、いくらかご存知でしょうか。2013年の国民生活基礎調査によれば、537万2千円だそうです。ピークだった1994年には664万2千円だったのですが、その頃と比べると随分減ってしまいました。これで ...

生活者パラダイムの転換(3) ― 変わりゆく日本の家庭像

生活者パラダイムの転換(3) ― 変わりゆく日本の家庭像

お父さんとお母さん、そして子供たちが食卓を囲んでテレビを見ながら談笑している。まるで山田洋次監督の映画にでも出てきそうな幸せのワンシーン。「家庭」や「家族」と聞いたときに多くの日本人、とりわけ昭和生まれの方々が思い浮かべ ...

生活者パラダイムの転換(2) ― ターゲットとするシニアはどんな人?

生活者パラダイムの転換(2) ― ターゲットとするシニアはどんな人?

「わが社もこれからは、シニア層をターゲットとした商品開発やマーケティングを強化しなければ」という機運が社内で高まっているという企業も少なくないと思います。確かにそれは重要で、会社の将来を左右するテーマと言っても過言ではな ...

アセアン市場での持続的成長に向けた日本企業の課題とアプローチ(3)

アセアン市場での持続的成長に向けた日本企業の課題とアプローチ(3)

6.マーケティングリーダーシップの必要性 日本企業は自社で研究開発したテクノロジーに対しての思い入れが強く、グローバル市場での会議においても、商品開発、技術開発担当者の発言力が強く、ローカル市場を知る営業やチャネル担当の ...

生活者パラダイムの転換(1) ― 先入観から抜け出そう

生活者パラダイムの転換(1) ― 先入観から抜け出そう

いま、日本の生活者の姿が様変わりしています。これまで私たち日本人は、おおよそ同じような価値観を持ち、同じような幸せのイメージを共有してきました。テレビCMなどの広告で描かれる生活者の姿も、両親と子供2人の4人家族が食卓を ...

マーケティングが日本経済を救う

マーケティングが日本経済を救う

アベノミクスの3本の矢が話題になっています。第一の矢が金融政策、第二の矢が財政政策、そして第三の矢が成長戦略です。中でも最も難しいと言われる第三の矢の成長戦略ですが、まだまだ目に見える成果が出るところまでには至っていない ...

<

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

>

博報堂コンサルティングとは

ABOUT

ブランディング・マーケティングのプロフェッショナルとして、十年以上、数百に及ぶプロジェクトをご支援して参りました。培ってきた経験と知見が、我々の最大の強みです。

詳しくはこちら

お問い合わせ

ニュースレター登録

NEWS LETTER

経営やマーケティングに関する最新の知見・情報や、セミナー開催情報等をいち早くお届けします。

ご登録はこちら

セミナーのご案内

SEMINAR

2017年11月10日(金) 10:00~13:00 (受付開始 9:45)

実践型 !「ロジカル・スピーキング」無料体験セミナー 2017年11月10日

講師:博報堂コンサルティング 執行役員 楠本 和矢
会場:fabbit 大手町(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル) 地図

詳しくはこちら

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。