成長に向けたブランド戦略(5) ― 創造的に差別化を考える

成長に向けたブランド戦略(5) ― 創造的に差別化を考える

差別化はマーケティングの基本であり、すべてと言っても過言でないが、そのアプローチは一つではない。顧客の製品・サービスに対する知識や期待を分析し、いかに戦略的・創造的に差別性を生み出すかはブランド構築上重要なポイントだ。 ...

企業の競争力を高める「イノベーション」(4)―  「オープンイノベーション」について

企業の競争力を高める「イノベーション」(4)― 「オープンイノベーション」について

日本における「破壊的イノベーション」の概念と理論の普及に寄与された、関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 玉田俊平太教授のインタビュー連載最終回です。(以下敬称略/全4回) 第4回 「オープンイノベーション」につい ...

成長に向けたブランド戦略(4) ― カテゴリー明示し個性付加

成長に向けたブランド戦略(4) ― カテゴリー明示し個性付加

カテゴリーとは、生活者・顧客から見た製品・サービスのセグメントである。クルマでいえば、「ハイブリッドカー」「SUV」「ミニバン」などだろう。 カテゴリーがマーケティングにとって重要なのは、生活者・顧客がカテゴリーを起点に ...

企業の競争力を高める「イノベーション」(3) ―  イノベーションを生み出すために必要なこと

企業の競争力を高める「イノベーション」(3) ― イノベーションを生み出すために必要なこと

日本における「破壊的イノベーション」の概念と理論の普及に寄与された、関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 玉田俊平太教授のインタビュー連載第3回です。(以下敬称略/全4回) 第3回 イノベーションを生み出すために必 ...

成長に向けたブランド戦略(3) ― 顧客の認識力を考える

成長に向けたブランド戦略(3) ― 顧客の認識力を考える

前回記載した通り、生活者・顧客はブランドを多様な次元で知覚する。それらの知覚の総体で他との違いを評価し、選択している。従ってブランド戦略を考える上では、知覚要素のどこにフォーカスして差異性を作るのかがテーマとなるが、そこ ...

マーケティング戦略の「進化の系譜」(3) ― マーケターは、「テクノロジー」を見極める力を

マーケティング戦略の「進化の系譜」(3) ― マーケターは、「テクノロジー」を見極める力を

1. まずは「テクノロジーの使い方」に関心をもつこと 前回まで、マーケティングの「進化の系譜」について解説を行ってきたが、さてこれからのマーケターにどの様な視点を持つことが必要か。大きなところでいくと、「その時代のテクノ ...

生活者パラダイムの転換(12) ―  後輩社員は未来からのトレーナー

生活者パラダイムの転換(12) ― 後輩社員は未来からのトレーナー

いまの日本の生活者は、もはや私たちが知っている日本人の姿ではありません。多少大袈裟に言えば、それぐらい認識を新たにしなければこの地殻変動の最中に広告やマーケティングを成功させることはできないでしょう。この連載では、様々な ...

<

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7

>

博報堂コンサルティングとは

ABOUT

ブランディング・マーケティングのプロフェッショナルとして、十年以上、数百に及ぶプロジェクトをご支援して参りました。培ってきた経験と知見が、我々の最大の強みです。

詳しくはこちら

お問い合わせ

ニュースレター登録

NEWS LETTER

経営やマーケティングに関する最新の知見・情報や、セミナー開催情報等をいち早くお届けします。

ご登録はこちら

セミナーのご案内

SEMINAR

2017年5月24日(水) 13:30~17:30 (受付開始 13:00)

「実践型ロジカルスピーキング」体験セミナー 2017年5月24日

講師:博報堂コンサルティング 執行役員 楠本 和矢
会場:博報堂ラーニングスタジオ(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル 東館11F) 地図

詳しくはこちら

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。