「なぜ、20−30代の次世代社員が、企業ビジョンに夢をいだかなくなったのか?」

経営者が熱く語っても、HR系コンサルのツールや施策をしてみたものの手応えを感じにくくなっている、そんな声が多く寄せられます。
これは、明らかにエグゼクティブ世代と社員世代との間にコミュニケーションロスが起こっていると考えられます。
現在、多くの企業の主軸を担っているのはデジタルネイティブ社員です。
アナログな媒体や映像よりもインタラクティブな情報やコンテンツの入手が常識の世代には、企業発信のインターナルブランディングは退屈なものとなっています。

今回、博報堂コンサルティングが発表するプログラムは、そんな新世代社員を夢中にさせ、企業ビジョンの中に没入させる力をもつ新しいインターナルブランディングメソッドです。
開発パートナーには博報堂グループのアニメーション映像会社「クラフター」と協業し、アニメーション技術やVR技術を活用した次世代インターナルブランディングを実現します。
またクラフター社は世界トップクラスのVR技術によるコンテンツ開発実績を持ち、社員のモチベーションデザインや教育研修事業へのVR活用を推進するための有力なパートナーです。

ぜひお誘い合せの上、ご来場いただければと思います。

■ブランディッド・アニメーションについてはこちら

bn