ブランド体系再構築

事業者視点と生活者視点を融合したブランド体系の検討

「既存資産を活用し新規領域をいかに開拓するか」「増えすぎた商品ブランドを統廃合しメガブランドをいかに育成するか」などの自社が抱えるブランドの問題を、「ブランド投資の見直し」や「ブランドの再編」、即ち「ブランド体系の再構築」によって、構造変化に適応し、企業・事業・商品ブランドの全体構造を今後の市場構造に即して最適化=リブランディングします。

「事業者視点」での市場や自社ブランドの展開領域の規定にとどまらず、「生活者視点」を加えることで、市場の変化やポートフォリオの歪みの実態を明らかにし、ブランドの全体最適化、ブランド投資配分の最適化を支援します。市場やブランドの実態を可視化し、経営者から個別ブランド担当者まで、様々な立場の関係者が、全体最適視点でブランド体系のあるべき姿を検討する議論のプラットフォームを提供します。

「事業者視点」と「生活者視点」でのリブランディングで、ブランドを再構築し、ブランドの最適化を目指します

解決しうる課題

ISSUE

  • CASE01市場の構造的変化に対応できず、既存ブランドが沈滞しつつある
  • CASE02新たな成長に向けたブランド投資配分の最適化が急務である
  • CASE03企業全体としてのブランド力向上を効率的・効果的に行いたい

ブランド体系構築の3つのポイント

市場の状況、自社・競合ブランドを俯瞰し、ブランド体系を再構築することでブランド力を向上します
  1. 1「バリューグリッドマップ」で見える化

    生活者の価値(バリュー)に基づいたフレームで、市場の状況、自社・競合ブランドを俯瞰する。

  2. 2“ヨコ”の関係性の最適化

    各階層内での各ブランドの展開範囲/棲み分けを規定する。

  3. 3“タテ”の関係性の最適化

    階層間での各ブランドの支援・補完関係を規定する。

サービスの成果

OUTPUT

  • 「バリューグリッドマップ」でブランド体系の実態を見える化

    事業者視点に加え、生活者視点から市場やブランド体系の実態を客観的に把握します。生活者の価値軸で市場を規定し(バリューグリッドマップ)、生活者の求める価値と自社ブランドのズレやヌケモレ、競合ブランドとのギャップなどの課題を導出します。

  • 「ブランドマトリクス」によるブランド評価・選定

    階層内の全てのブランドについて、現在・将来視点で「ブランド力」と「収益力」のブランドマトリクス評価を行い、今後の事業成長・ブランド力向上に向けて注力すべきブランド/縮小すべきブランドを決定し、ブランド投資配分の指針を策定します。

  • 「ブランドタンク」による企業/商品ブランドの役割規定

    企業ブランドの目指す姿を基に、傘下の商品ブランドの役割を規定します。商品ブランドが企業ブランドに新たな価値を付加する役割、もしくは企業ブランドが商品ブランドの価値を保証する役割を、一連の価値の流れ(=ブランドのタンク)としてとらえ、商品ブランドと企業ブランドの関係性における役割規定を行います。

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。