マーケティング組織改革

現場の声と現場の人材に即したマーケティング業務改革

マーケティング部門において陥り易い「顧客視点不足」「ブランド中長期視点不足」「関連部署の巻き込み力不足」等の課題を徹底的に洗い出します。クロスファンクショナルチームを立ち上げ、部門を超えた検討を推進することで、一貫したマーケティング活動を推進します。

机上の空論にとどまらず、現場の声と現場の人材に即した現実的な業務改革をハンズオンでサポートしていきます。

マーケティング部門が陥り易い罠(顧客視点不足) × 部門を超えた検討の推進(クロスファンクショナルチームによる課題の棚卸し)

解決しうる課題

ISSUE

  • CASE01部門間がバラバラで勝手にマーケティング活動を行っている
  • CASE02マーケティング業務が企業視点に偏り、顧客視点が不足している
  • CASE03マーケティング業務の生産性が低い

ブランドマネジメントの業務プロセス設計(例)

ブランドマネジメントの業務プロセス設計、ブランドの重要性の共有、ブランド課題に関する審議・承認、ブランディング活動成果のレビュー

サービスの成果

OUTPUT

  • マーケティング課題の洗出し

    日々のマーケティング業務の状況やアウトプットの振り返りを行い、自社のマーケティング業務で行われている慣習と改善課題を抽出していきます。

  • 理想のマーケティング業務プロセスの規定

    自社のマーケティング業務の慣習や役割に囚われず、現状の課題を解決するための理想的な業務プロセスを導出します。

  • 現業の改革施策の策定

    目標管理の仕組み、ターゲット絞込みのプロセス等、各種マーケティング業務上の実現課題を洗い出し、改革を実現に向けたシナリオ(シンボリックな改革施策と実行プラン)を描きます。

  • 具体的アクションプランの策定

    中長期(直近3年間など)のゴールを設定し、メルクマールとなる活動内容等を明確にした上で、マーケティング業務及び組織体制等の変革の工程表を作成します。

JavaScriptを有効にしてください。 このサイトではJavaScriptを利用しています。無効の場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。